ホーム




  

   「となりのトトロ」の世界


 これまでの40数年間で20ヶ所くらい国内外とわず移住を繰り返してきた。歳も歳なのでイイ加減落ち着きたいと思っている。
荷物の収納やペット飼育の都合で不便を感じて、新しい家をネットで探していて、パッと見で、この家どっかで見たことがある!が第一印象だった。
 「となりのトトロ」に出てくる”サッキとメイの草壁家”の家と形、配置が同じだと気づいたのである。かって東京に居た時にネコバスを作った位、ジブリフアンで特にトトロ好きだったので即決した。同時にあの世界を再現しようと想った。
 このコラムは、移住した古民家の改造の記録と「サッキとメイの家」への改造、ネコバスの実車改造、バス停の製作記録です。


 
 成田空港の東側4kmの畑の中


  
 初めて見に行った時の写真。右の草壁家のお化け屋敷と家の形や雰囲気、配置など良く似てるでしょう。

   
  こんなふうに古民家を改造した。

  
 やはり、ネコバスがなければならない。そしてサッキとメイがトトロと出会ったバス停も… 
  右は15年前に製作した初代のネコバス。ジブリ本社まで承諾とりに行った。

   
 「サッキとメイの家」のお父さんの書斎の離れ。屋根部分と外壁の改造。塗装して完成。雪が降ったのでトトロ雪だるまを作った。

   
  テラスを作って、ネコバスと一緒にパチリ。

   
 ネコバスの改造 … ベースはミニカトッポ。中古車がなくなってきている。ボードを削って硬化剤で表面加工してペイント。

 
  トトロのバス停も同じ要領で作りました。

 
   
 ここも森のトンネルがあったり、畑が広がる里山の雰囲気があるところです。
 
 本職はガラス作家。友人のトンボ玉作家が作ってくれたトトロや小トトロ、まっくろクロスケ
 
 近くの「道の駅・くりもと」で開かれている<案山子まつり>に近所の農家さんが出品。承諾をとりにきたのでアドバイスした。


 友人からいただいた、アニメのトレース原画のコピー  
 
     

  

   

  


  古民家改造の記録(2017年10月~2018年3月)

  2017年10月に購入してから半年がかりで家の中から外観の多くを大改造しました。

 
   (北側の土むき出しの土間にシロアリ防止剤を撒いて束石を置き根太で基礎を作り湿気防止のビニールシートを敷いてSPF材を並べて固定)
 
   (古民家の中心にある広いリビングスペースはSPF材で床が出来ていたので一部手直しして、壁を化粧合板で間仕切りする)
 
   (トイレの床がブカブカだったので合板で張替えて、洗濯機用の給水排水管を埋める。風呂場との仕切りや扉を作り壁を再塗装)
  
   (東側の2部屋の天井を黒く塗装。壁は合板に壁紙を張った)
  
   (同じ2部屋の床の剥がれている所をパテで補修して再塗装。リビングと東側の2部屋、日本間は化粧合板で仕切った。間には断熱材をサンドイッチ)
 
   (玄関につながる土間も束石を置き根太で基礎を作り湿気防止のビニールシートを敷いてSPF材を並べて固定)
  
   (外の出入り口はデコボコで雑草防止用のシートが敷いてあったが、取り除いて整地してから再生砕石を敷いて固めてもらった)

 
   (工房棟は単管パイプで枠を組み立て並板トタンで壁と屋根を作った。飛ばないように床はコンクリートで固定してある)
 
   (完成!ほぼ改造費は100万円かかった)